FS事業(事業化可能性の調査)

令和元年度補正 ものづくり・商業・サービス補助金
【ビジネスモデル構築型】

中小企業のスマート化による生産性向上
F/S支援事業 成果について

中小企業の生産性向上を実現するには、SIerが導入サポートの中心的役割を担い、IoT、カイゼン、AI等の技術を活用して現場毎にカスタマイズしてスマート化に取り組むことが解決策の一つとして考えられます。

また中小企業の経営革新(生産性向上)を継続的に支えるためにはイノベーション・エコシステムの構築が不可欠です。本事業ではユーザー側(中小企業)とサービス提供側(SIer)とのイノベーション・エコシステムを構築することを目的に実施しました。

本事業の取り組みの中で、特に重点分野の一つとして考えていた製造現場のスマート化推進には、三品産業(食品、化粧品、医薬品)をはじめとする業界において 「ロボット未活用領域への導入支援(A)」を通じて導入ノウハウの蓄積・共有することに加え、そのロボット導入支援におけるF/Sを有償で実施することで、ビジネス慣行を変革させるきっかけ作りを行いました。

また、AI・IoT技術を活用したサービスは拡大していますが、AI・IoT技術を複合的に活用したソリューションが実際に導入された事例は少ないため、「サービス業を中心とした未導入分野へのF/Sを通じた導入支援(B)」を通じて、導入事例・ノウハウを蓄積してSIerを育成する取り組みを行いました。

実施スキーム図

中小企業の経営革新(生産性向上)を継続的に支えるにはイノベーション・エコシステムの構築が重要です。
そこでF/Sを通じて、中小企業(ユーザー側)のスマート化に向けた取り組み事例を増やすことと同時に、SIer(サービス提供側)の育成を行いました。

プロジェクト事例紹介

●目的

ロボット未活用領域への導入支援、
及び実機等を活用した有償での
ロボットF/Sのビジネス慣行の醸成を目指して。

既にロボットSIerとして活動している企業への「ロボット未活用領域へのチャレンジ」をプロジェクトとして支援し、導入ノウハウを蓄積・共有するとともに、実機等を活用した有償でのロボットF/Sのビジネス慣行の醸成を図る目的で実施されました。

※事業推進にあたっては、ロボット導入促進拠点である IATC(アイエーティーシー)を中心に行いました。
※支援対象企業:生産性向上に取り組む中小企業

●目的

複合的なAI・IoT技術の活用に まだ取り組めていない未開拓分野へF/Sを行い、新しいビジネスモデルを創出する。

AI、IoT技術活用を得意としソリューションを提供するSIer企業の「未開拓分野へ 複合的なAI・IoT技術の活用」をプロジェクトとして支援し、F/Sを行うことで、変化を続ける産業構造に適応できる新たな導入モデル化を促進し、導入ノウハウを蓄積・共有する。

※事業推進にあたっては、AI・IoT技術活用ビジネスの支援拠点である TEQS(テックス)を中心に行いました。
※支援対象企業:生産性向上に取り組む中小企業

ものづくりDXソリューションについて

製造現場の課題を「ものづくりDXソリューション」の力で解決します。

現場労働力の不足、SIer・FA・ロボットエンジニアの不足、要素技術の高度化、IoT Industry4.0への対応など、製造現場にはさまざまな課題が山積しています。ひとつひとつが絡み合って複合的な課題となっていることが多く、どれかひとつを解決するといったことが難しいのが現状です。
そうしたものづくり現場の課題を「DXソリューション」の力で解決します。

提供メニュー

ご相談・お問い合わせ

ロボット・AI・IoT・5Gなどを活用して、製造現場の自動化を目指します。

・ 省力化、省人化してコストダウンしたい
・ 生産性アップして売上を上げたい
・ 人的ミスを減らして品質価値を高めたい
・ どのメーカーの装置、ロボットを使えば効率的かわからない
・ 事例を知りたい

※貴社からの直接のご相談でも、連携している商社さんを通してのご相談でも構いません。

相談料/初回無料