人材育成

受講コース一覧

ITとものづくりに精通した技術者、
自動化・知能化のプロフェッショナルの育成プログラム

コース 対象 内容 / 必要なスキル 日数 金額(1人) 備考
PLCビギナーコース ITエンジニア初心者

生産設備の概要を知り、PLCによる制御の基礎を学ぶ

↓必要なスキル
Windowsパソコンを扱うことができる

2日間(毎月第2木曜・金曜) 42,000円(税抜)
産業用ロボット安全特別教育教示コース 安全特別教育の受講が必要な方、産業用ロボットの業務に関わる方

産業用ロボットの教示等の作業をするために必要な特別教育

2日間(毎月第4火曜・水曜) 42,000円(税抜) 労働安全衛生規則に基づいた安全教育。 受講修了者には特別教育修了証を発行。
FA・IoTコース ITエンジニアFA経験者 生産設備からの情報収集の手段を知り、クラウドにデータを蓄積・評価する 不定期開催。日刊工業新聞、三菱電機株式会社と共同で実施(日刊工業新聞ウェブサイトで受講者募集)
オーダーメイドコース 新入社員研修各種団体向け IATCに常設しているロボットを活用し、要望に応じた研修をカスタマイズ 要相談 要相談

カリキュラム

PLCビギナーコース

~生産設備の概要を知り、PLCによる制御の基礎を学ぶ~

  • 株式会社ブリッジ・ソリューション
    代表取締役 坂本俊雄氏
    長年にわたり産業・社会分野におけるシステム開発に携わる。特に生産設備や研究開発の現場で使われるシステムを多く手がけ、機械、電気・電子といったハードウェアからソフトウェア、ネットワークまで非常に幅広い知識とシステムインテグレーション力を持ち、多くの納入実績がある。
対象 ITエンジニア、初心者
開講日 毎月第2木曜・金曜日開講
日数 2日間(連続)
内容 ITエンジニア、初心者を対象に、2日間(連続)でFAの生産設備の概要とPLCによる制御の基礎を座学と実習を通して学ぶプログラムです。Windowsパソコンを扱うことができる方であれば、どなたでもご参加いただけます。
必要なスキル Windowsパソコンを扱うことができること
金額 42,000円(税抜)

コース申し込み

ビギナーコースプログラム内容

「基本知識を得る」FAの技術の基礎を学びます
  • FAとは?
  • 自動制御について
  • PLCについて など
「考え方を身につける」制御問題を解きながら学びます
  • リレーによる論理回路
  • シーケンス回路
  • ラダープログラムの書き方 など
「実践する」実習設備で機械制御を体験します
  • パトランプを制御して点灯させる
  • ベルトコンベアを動かす
  • X軸Y軸を指定した位置まで動かす など

こんな方にオススメ

  • 自社に自動化設備導入のため、その仕組みを理解しておきたい。
  • PLCの扱い方を体系的に学びたい。
  • 工場で使用しているPLCを学ぶこと、また現場の者に学ばせるかの検討したい。
  • 専門は異なるが様々な知識を持つため。
  • FA化の波についていけるように基礎的な勉強がしたい。
  • 自身のキャリアアップのために、新しいことを覚えたい。
  • 新人研修をアウトソーシングしたい。

模擬生産設備仕様

模擬生産設備の写真
設備 機能 その他
3軸直交軸+θ軸
  • 移載動作
  • 加工・組立動作
  • 軌跡制御
  • X軸:ラック・ピニオン機構+ACサーボ(ストローク: 2,000mm)
  • Y軸:ボールネジ+LMガイド+ ACサーボ(ストローク: 1,000mm)
  • Z軸:IAI ロボシリンダ(ストローク: 400mm)
  • θ軸:SMC ロータリーアクチュエータ(320度回転)
  • エアチャックのハンド付き
  • 搬入・搬出コンベア付き(幅200mm, 長さ800mm)
制御盤
  • PLC(CPU、I/O、A/D、D/A、位置決めユニット)
  • ACサーボアンプ
  • その他電気品

※トラブル経験も含めて実践的に学び、知識と経験をつむことが可能です。

産業用ロボット安全特別教育教示コース

  • E Robotics代表 小松 将基 氏
    ㈱ウィルテックで製造や産業用ロボットについて学ぶ。いくつかの展示用ティーチングとロボットシステムのティーチングを経験し、その後独立。特に協働ロボットのティーチングを得意とする。中央労働災害防止協会産業用ロボット特別教育インストラクター
対象 安全特別教育の受講が必要な方、産業用ロボットの業務に関わる方
開講日 毎月第4火曜・水曜日
日数 2日間(連続)
内容 産業用ロボットの教示・検査等に係る業務に従事する労働者全員に対して、 事業者は労働安全衛生法第59条第3項に基づき、特別教育を行うことが法令で義務づけられています。 当社団では、労働安全衛生規則に基づいた安全教育を実施しています。 受講修了者には特別教育修了証を発行いたします。
必要なスキル なし
金額 42,000円(税抜)

コース申し込み

プログラム内容

1日目
  • 【学科】産業用ロボットに関する知識(2時間)
  • 【学科】関係法令(1時間)
  • 【学科】産業用ロボットの教示の知識(2時間)
2日目
  • 【学科】産業用ロボットの教示の知識(2時間)
  • 【実技】操作の知識(1時間)
  • 【実技】操作実習(2時間)

こんな方にオススメ

  • 産業用ロボットの教示等の業務に従事する予定がある方
  • 将来、産業用ロボットの教示等の業務に就きたい方
  • 安全特別教育の受講が必要な方

FA-IoTコース

対象 ITエンジニア、FA経験者
開講日 不定期(※日刊工業新聞、三菱電機株式会社と共同で実施)
内容 生産設備からの情報収集の手段を知りクラウドにデータを蓄積、評価します。

FA-IoTコースの受講は、日刊工業新聞ウェブサイトでお申し込みください。

コース申し込み

オーダーメイドコース

対象 新入社員研修、各種団体研修
内容 IATCに常設しているロボットを活用し、要望に応じた研修をカスタマイズします。座学・実習どちらも対応可能です。
金額 要相談

コース申し込み