iRooBOマガジン

【Report】第2回IATCサロン

イベントレポート2020.06.12

今回も盛況で終了しました!

IATCでは、人材育成講座の修了者向けに
アフターフォローとして
「IATCサロン」を定期開催しています。

ロボットシステムに関わるさまざまな内容(FA/AI/IoT/ロボット等)の
話題を提供したり議論の場を設けることで
Sler同士の交流を推進しています。

今回は第2回目。
ホストは、2019年大阪市テクノマスター認定者(電気制御)である
寺久保 寿光 理事。
(有限会社ヒサミツ/株式会社ブリッジ・ソリューション取締役)

テーマは
これからのロボットエンジニアのための
「アースとノイズ」

「アースは、緑の線を繋いだらいいだけと思いがち」というところに
課題意識を持たれ、設定されたそうです。
ノイズを防ぐために重要な「グランドと接地(アース)」の種類など、複数の文献を参照しなければ得られない情報をわかりやすく解説いただきました。
現場での事例もお話いただき、大変勉強になりました。

割とコアなテーマでしたが
社内の若手に電気関係の教育をしたいという方がいらっしゃり
「どうやって教えたらよいか。」
についての議論が白熱しました。

ロボットSIerには、幅広い知識が必要とされます。
しかし、1つの講座を受講するだけでは
なかなかそのすべてを網羅できないのが現状です。
こういったフォローアップの場で
さまざまな分野の情報に触れる機会を設けていきたいと思います。

今年度の人材育成講座の予定については検討中。
決まり次第、Facebook、WEBサイト等で発信します。