新着情報

  • TOP
  • 【報道発表】ヘルスケア分野でイノベーションを起こせ!大阪市立大学と連携してスタートアップ支援を開始します

【報道発表】ヘルスケア分野でイノベーションを起こせ!大阪市立大学と連携してスタートアップ支援を開始します

2020.06.18


大阪市立大学の研究成果とiRooBOの事業化ノウハウを掛け合わせて
ヘルスケア分野のスタートアップ育成に挑戦!

https://www.chsi.osaka-cu.ac.jp/healthtech_startups/


一般社団法人i-RooBO Network Forum(以下、iRooBO)は、大阪市立大学や公益財団法人大阪産業局などと一緒にヘルスケア分野の新サービスの事業化を支援するプログラム「大阪市立大学ヘルステックスタートアップス」を8月より実施します。
それに伴い、本日より参加者の募集を開始します。

超高齢化社会において、年々増大する医療・介護などの社会保障費が大きな課題となっています。その解決策の一つとして期待されているのが、ICT技術やデータサイエンスを活用したヘルスケア分野におけるイノベーションです。

本プログラムでは、こうした社会的ニーズに対して、大阪市立大学が培ってきた医療・健康分野の研究での知見や医療関係者ネットワークを軸に、大阪産業局の持つ支援ノウハウとiRooBOの持つ事業化ノウハウを組合わせて、ヘルスケア分野でのイノベーティブな新サービスの創出及びスタートアップ企業の育成に取り組みます。

具体的には、本プログラムでは、ヘルスケア分野で新規事業を立ち上げたい個人・企業に対し、座学やビジネスプランを作り込むワークショップなどから構成されたビジネス創出プログラムを実施します。
大阪市立大学の教員が中心となって講師やメンターを務めるところが特長で、医療現場のニーズや大学のシーズを提供することで、早期のビジネス化をサポートします。

本プログラムを通じて、新型コロナウイルスとの共生時代や、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとした2025年の大阪・関西万博を見据えながら、大阪を中心とした関西圏におけるヘルスケア分野の新しい産業の創出をめざして取り組んでまいります。


◆大阪市立大学ヘルステックスタートアップス 実施概要


<プログラム概要>

ヘルスケア分野で起業したい方、新規事業を起こしたい方を対象としたビジネス創出プログラムです。
大阪市立大学のヘルスケア分野におけるニーズやシーズを活用しながら、ビジネスの組み立て方を実践的に学び、ヘルスケア分野の様々な専門家によるメンタリング等により、新たな製品・サービス開発をめざします。 コースは、これからサービス開発に取り組む方を対象とした「アイデアコース」と、事業拡大をめざす方を対象とした「ビジネスモデル開発コース」で構成。

<実施する講座>

  • ヘルスケアビジネス基礎知識講座
     ヘルスケアビジネスに取り組む上で必須となる基礎知識を座学で学んでいただきます。
  • プラン構築ワークショップ
    起業する上でのポイントを学ぶほか、ワークショップを通してアイデアをビジネスプランに仕上げていただきます。
  • ビジネスプランブラッシュアップ
    ヘルスケア分野の専門家がメンターとなってビジネスプランにアドバイスを提供するほか、協業パートナーの探索などの個別サポートを提供します。
  • ヘルステックミートアップ
    医療従事者やヘルスケア分野の専門家との交流を通して、現場のヒアリングや協業パートナーの探索などを行います。

<参加対象>

  • ヘルスケア分野のビジネスで、起業をめざしている方
  • 社内でヘルスケアサービスの新規事業立ち上げやイントレプレナーをめざしている方

<受講期間>

令和2年8月20日(木)~令和3年2月(予定)

<実施場所>

大阪市立大学健康科学イノベーションセンター
 ※オンラインにて実施の可能性があります
(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館 タワーC 9F)
URL:http://www.chsi.osaka-cu.ac.jp/

<定員>

各コース10チーム程度

<プログラム受講料>

50,000円、学生無料

<申込期間>

令和2年6月11日(木)~7月31日(金)

<主催>

大阪市立大学

<企画運営>

公益財団法人大阪産業局、BCC株式会社、一般社団法人i-RooBO Network Forum


【本件に関する取材・問い合わせ先】

◇公益財団法人 大阪産業局
担当:須藤・松出 TEL:070-5657-4043
メールアドレス healthtech@obda.or.jp
※講師の個別取材なども可能ですので、お問合せください。