ヘルスケア関連プロジェクト

テクノロジーを活用して、
ヘルスケア分野でイノベーションを起こす!

少子高齢社会において、ヘルスケア産業(健康・介護・医療・看護・予防等含む)の市場規模は今後ますます拡大していくことが予想されています。特に介護現場における人手不足や健康寿命の延伸といった課題を解決するため、先端技術を活用した機器やロボット、ICTシステムなど、テクノロジーの活用が期待されています。
iRooBOでは、国のプロジェクト等に参画し、ヘルスケア分野における製品・サービス創出に向けて、様々な事業を展開しています。

介護ロボットの開発・導入促進

介護機器やロボット、ICTシステムの開発や導入を促進するため、PoCのコーディネート、導入に向けた実証実験のサポートなどを行います。
また、介護事業者のニーズ発表や介護施設とのマッチングを行い、新製品・サービスの開発をサポートします。

介護ロボット相談窓口/開発企業支援

  • 介護ロボット相談窓口

相談窓口では、介護ロボットに関する介護現場(ニーズ)・開発企業(シーズ)双方からのさまざまなご相談を受け付け、介護ロボットの開発から普及までを支援します。
アイローボでは主に開発企業(シーズ)向けての支援を中心に、介護ロボットの製品評価や効果検証などを行うリビングラボ、介護現場での試験的運用・導入効果のデータ収集などを行う実証フィールドへの取次を行っております。

詳しくはこちら

導入促進プロジェクト

これまでに製品化されているものを対象に、介護施設の課題やニーズに対応する介護ロボット・ICTシステムを募集し、施設側とマッチングを行います。
導入に向けては、分かりやすい説明資料の作成や、介護スタッフを対象とした使い方説明会の実施などをサポートします。 また、導入後のフォローや、導入できなかった場合のフィードバックも行いますので、今後の開発にもご活用いただけます。

導入促進プロジェクト概要ボタン 介護現場の導入事例・改善事例を見る

ヘルスケア分野のビジネス創出

ヘルスケア分野(健康・介護・医療・看護・予防等)で、テクノロジーを活用した新規事業を始めたい方、
新しい製品・サービスを開発したい方を対象に、ヘルスケアの現場の方と一緒に様々な取り組みを行っています。

大阪市立大学ヘルステックスタートアップス

  • 大阪市立大学ヘルステックスタートアップ

iRooBOは、大阪市立大学と連携し、ヘルスケア分野で起業したい方、新規事業を起こしたい方を対象としたビジネス創出プログラム「大阪市立大学ヘルステックスタートアップス」の企画・運営を行っています。
大阪市立大学のヘルスケア分野におけるニーズやシーズを活用しながら、ビジネスの組み立て方を実践的に学び、ヘルスケア分野の様々な専門家によるメンタリング等により、新たな製品・サービス開発をめざします。

詳しくはこちら

介護ビジネスサロン

  • 介護ビジネスサロン

ヘルスケア分野で新しい製品・サービスを開発するには、現場の課題を把握し、必要に応じて介護保険や医療機器認証などの専門的な知識が必要であるため、機器メーカーだけで取り組むのは困難です。
介護ビジネスサロンでは、課題やニーズを持つ介護事業者や医療従事者といったヘルスケア分野の専門家との交流を行うことで、新しいプロジェクトを生み出すことをめざします。また、1社だけでは難しいビジネスを実現するための、協業パートナーとの出会いの場も提供します。
ご興味のある方は、事務局までご連絡ください。