介護現場の業務効率化&サービス向上につなげるためのテクノロジー活用術(2/22開催)


介護現場におけるテクノロジー活用方法とは?

介護人材の不足が叫ばれる中、介護現場の業務を効率化し、介護サービスの質をより向上することが、喫緊の課題となっています。
そのためには、例えば、施設内の動線を変えてみたり、介護機器・ロボット、ITなどを導入したりと、様々な方法が考えられます。
本セミナーでは、

  1. 「テクノロジー導入・活用術」 についてポイントをお話しいただくとともに、
  2. 注目分野として自立支援介護で注目を集める「リハビリ」でのテクノロジー活用についてご紹介します。

業務効率化はもちろんサービス向上においても、テクノロジー活用はもはや必須の要件になりつつあります。今回のセミナーでは、活用の第一歩となる情報を中心にお話しします。
テクノロジーの活用に興味はあるけれど、どこから手をつければ良いのか分からない、という介護事業者様、また、介護機器開発に興味のある方など、必聴の内容です!

    プログラム

  1. 【主催者挨拶】14:00〜14:10

  2. 【講演1】14:10〜15:05

    「スマート介護士になろう!」
    社会福祉法人善光会 理事 最高執行責任者 統括施設局長
    特別養護老人ホーム フロース東糀谷 施設長
    宮本 隆史 氏
    講演内容
    特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、通所リハビリなどを運営している同法人は、介護ロボット運用の専門資格「スマート介護士」(https://www.zenkoukai.jp/sfri/smart/)の資格を監修されました。スマート介護士は、介護ロボット・センサー機器を効果的に活用して、介護の質の向上と介護業務を効率化できる介護士です。介護ロボットを効果的に活用していくためにはどうすべきか、ポイントをご紹介いただきます。
  3. 【講演2】15:05〜16:00

    モノや情報の活用による障害の軽減〜国際障害分類に即して」
    リハビリテーション科学総合研究所 主任研究員
    関西リハビリテーション病院 リハビリテーションエンジニア
    作業療法士、博士(工学)
    吉田 直樹 氏
    講演内容
     リハビリの目的は障害の改善や軽減にあり、障害の軽減等には訓練など以外に、便利なモノやシステムを使う方法も有用で、近年のテクノロジーの発展に伴い、その有効範囲も広がっています。WHOでは障害をいくつかの階層に分類していますが、そのそれぞれの障害階層に対応したテクノロジーおよびその活用法が存在します。それらを概観し、リハビリでのテクノロジー活用について解説します。

概要

日時 2019年2月22日(金)14:00~16:00 (13:30~受付開始)
開催場所 ATCエイジレスセンター(アジア太平洋トレードセンターITM棟11F)
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
>> アクセスはこちら
申込締切 2019年2月21日(木)17:00
参加費 無料
定員 50人(定員になり次第〆切)
対象 介護事業に携わる方/福祉用具・介護機器開発に携わる方、興味のある方 等
主催 公益財団法人大阪市都市型産業振興センター、一般社団法人i-RooBO Network Forum、近畿経済産業局、ATCエイジレスセンター実行委員会
問合せ先
一般社団法人i-RooBO Network Forum
TEL:06-6606-8335 (月~金 10:00~18:00 ※祝日、年末年始除く)

参加にあたっての注意事項

プログラム内容の詳細につきましては、予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

経済産業省委託事業「平成30年度地域中核企業創出・支援事業(介護分野における課題解決のための介護機器・ロボット開発及び導入促進事業)」の一環で実施しています。

当日の写真・動画の撮影について
イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。
お申込み情報について
本イベントで取扱う個人情報につきましては主催者・共催者と共有させていただきますことご了承ください。入力いただいた個人情報は、外部へ提供することはありません。個人情報保護方針についてはこちら

お申込み