第二回介護レク研究会(12/20開催)~高齢者も楽しめるスポーツビジネスを考えるワークショップ~

ロボット技術の活用で高齢者レクリエーションを進化させよう!

介護レクリエーションをテーマとし、認知症予防や介護予防につながるロボットの活用を検討する研究会の第二回目。

お申込み受付は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

今回のテーマは、「高齢者スポーツ」です。今回は、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックで、日本代表チームが銀メダルを受賞したスポーツとしても注目された「ボッチャ」を題材に、高齢者スポーツや高齢者レクリエーションのためのロボット開発について検討してまいります。

研究会では、一般社団法人日本ボッチャ協会代表理事である大阪府立大学の奥田邦晴教授による「ボッチャ」の解説と、実際に「ボッチャ」をレクリエーションで活用している介護現場での事例発表および今後の展開についてオリックス・リビング株式会社様にお話いただきます。

また、今回は講演だけではなく、参加者の皆様に実際にボッチャを体験いただきます。その後、「ボッチャを使って高齢者が元気になるには?」というテーマで、介護レクリエーションにテクノロジーを導入する事の可能性やビジネスチャンスについて議論をするワークショップを行います。

介護ロボットの製造、販売をおこなう企業様や介護事業の企画に携わっている事業者様は、事業のヒントを得るだけでなく、ビジネスパートナーを見つける場としても、ぜひご活用ください。

プログラム

  1. 13:30~14:30基調講演

    誰でも楽しめるスポーツ「ボッチャ」と高齢者スポーツ

    大阪府立大学 大学院 総合リハビリテーション学研究科 教授

    一般社団法人 日本ボッチャ協会代表理事

    奥田 邦晴 氏

    (講演内容)
    日本ボッチャ協会代表理事の奥田氏にリオパラリンピックで銀メダルに輝いた「ボッチャとは何か」を競技人口等世界の取り組み状況、競技ボッチャと愛ボッチャの違いなどを踏まえて解説していただきます。
    また、ビジネスの視点で見た場合のパラスポーツやボッチャの可能性についてもお話しいただきます。
  2. 14:30~15:00企業の取組み発表

    介護施設でのボッチャレクリエーションの実践例ご紹介

    オリックス・リビング株式会社 企画部 広報課

    廣田 朋也 氏

    (講演内容)
    有料老人ホームを運営しているオリックス・リビング株式会社。こちらの施設では、「ボッチャ」を導入し高齢者に楽しんでもらっています。
    本講演では、ボッチャの実践例と、取り組みの中での課題やテクノロジー導入の可能性などについてお話していただきます。
  3. 15:00~15:10休憩

  4. 15:10~15:30

    ボッチャを体験しよう!

    実際にボッチャをプレーしてみて、ボッチャとはどんなスポーツかを体験し、高齢者スポーツレクリエーションとして導入する際に課題になることを見つけます。

  5. 15:30~17:00

    高齢者も楽しめるスポーツビジネスを考えるワークショップ

    自分ができること(持っている技術)・ボッチャをする人、ボッチャ普及のための課題・高齢者の普段の生活の課題とその原因を整理し、解決策を考えます。

日時 2016年12月20日(火) 13:30〜17:00 (受付13:00〜)
開催場所 ATCエイジレスセンター(アジア太平洋トレードセンターITM棟11F)
大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10
>> アクセスはこちら
申込締切日時 平成28年 12月19日(月) 17:00
参加費 無料
定員 30人(定員になり次第〆切)
対象 介護事業従事者、介護関連企業
主催
  • 近畿経済産業局 次世代産業課
  • 公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
  • 一般社団法人 i-RooBO Network Forum
共催 ATCエイジレスセンター実行委員会
問合せ先
一般社団法人i-RooBO Network Forum
TEL:080-4482-3770 (月~金 10:00~18:00 ※祝日、年末年始除く)

参加にあたっての注意事項

当日の写真・動画の撮影について
イベント後の情報発信のため写真・動画を撮影します。また、メディアの取材を受けることがあります。これらの写真・動画に参加者の肖像等が映り込む可能性に同意した上で、ご参加ください。
お申込み情報について
本イベントで取扱う個人情報につきましては主催者・共催者と共有させていただきますことご了承ください。入力いただいた個人情報は、外部へ提供することはありません。個人情報保護方針についてはこちら